呼吸器内科 | こめの公園前クリニック|米野公園

こめの公園前クリニック:内科・呼吸器内科・アレルギー科

愛知県名古屋市中村区大正町3丁目38-1

tel:052-433-1199

呼吸器内科

呼吸器内科では、日本呼吸器学会の呼吸器専門医でもある当院長が肺や気管支、胸膜などの疾患や症状を診療いたします。

咳は子供から大人までよくある症状ですが、その原因は、風邪のほかにも肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、結核、肺がんなど、命に係わる病気まで多岐にわたります。そのため的確に診断、治療を行うことが大切です。

患者様の症状や訴えなどからCOPDが疑われる場合は、肺の容積や空気を出し入れする換気機能のレベルを調べるスパイロメーター、咳喘息や気管支喘息が疑われるのであれば呼気NO検査(息を一定の力で吐き続けることで呼気に含まれる一酸化窒素の濃度を測定)を行うなどして診断をつけます。

そのほか、痰が切れない、動くと息切れがする、胸痛があるなどの症状がある場合も呼吸器疾患が疑われますので、お早めにご受診ください。また呼吸器で気になることがあるという方もお気軽にご相談ください。

こんな症状はご相談ください

  • 咳や痰が長引く(2週間以上)
  • くしゃみ
  • 鼻水・鼻づまり
  • 喉の痛み
  • 急な発熱
  • 息切れ
  • ヒューヒュー・ゼーゼーという息苦しさ
  • 胸痛
  • 血痰
  • いびき など

呼吸器内科の主な対象疾患

  • 風邪症候群 
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎・扁桃炎
  • 気管支炎
  • 気管支拡張症
  • 肺炎
  • 気管支喘息
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 肺結核
  • 非結核性抗酸菌症
  • 肺気胸
  • アレルギー性鼻炎(花粉症)
  • 肺がん など
風邪の症状のひとつに咳がありますが、この場合は長くても2~3週間ほどで治まります。この期間を過ぎても咳の症状が続く(3週間以上)のであれば注意が必要です。なお咳が3週間以上8週間未満の期間で続く場合は遷延性の咳、8週間以上続くのであれば慢性の咳(慢性咳嗽)と診断されます。

長引く咳(3週間以上続く咳)については原因となる疾患があると考えられています。その中で最も多いのが咳喘息です。咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支疾患のことです。症状については一般的な喘息と同じで、気道が狭くなることで、風邪などによる気道の感染、冷たい空気にあたるなど様々な刺激に対して過敏になり、炎症や咳発作が起きるというものです。

そのほかにも長引く咳の原因疾患として、副鼻腔気管支炎症候群、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、アトピー咳嗽、逆流性食道炎、慢性気管支炎、感染後咳嗽、薬剤による咳嗽なども考えられます。咳が長期間続いている場合は、別の疾患を発症していることが考えられますので速やかにご受診なさるようにしてください。

《治療について》

咳喘息の場合は、治療は主に吸入ステロイド薬になります。そのほか、咳の原因となっている疾患によって治療法が異なりますので、まずは診察・検査を通して原因を特定することが重要になります。
喘息
››アレルギー科ページ参照
肺炎
肺炎とは、肺の中に細菌やウイルスなどの病気を起こす微生物(病原微生物)が入り、感染することで肺が炎症を起こしている状態です。主な症状としては、高熱(38度以上)、激しい咳や痰、呼吸困難になるほどの息苦しさ、胸痛などです。この状態が1週間以上続くようであれば肺炎が疑われます。

元々人間の体には様々な防御機能が備わっていて、これが働くことで病原微生物などを排除します。ただし、何かしらの原因があって体力や抵抗力が落ちていたり、病原微生物の感染力の方が防御機能よりも上回るようなことがあると肺炎を発症するようになります。なかでも、高齢者や慢性の病気を持っている方などが罹りやすく、しかも治りにくいという傾向があります。

《治療について》

原因となる病原微生物を死滅させる必要があるので、それらに対抗する抗菌薬(経口抗菌薬)を主に使用します。そのほかにも、咳を鎮める鎮咳薬、解熱薬、去痰薬、気道を拡げる気管支拡張薬などを症状に応じて用います。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
有害なガス(タバコの煙など)を長い年月にわたって吸い込み続けることで、肺に慢性の炎症が起き、さらに空気の通り道である気道(気管支)が狭くなるなどして呼吸困難がみられるほか、気道の先端にある肺胞(酸素と二酸化炭素の交換を行う組織)が壊れたりする疾患をCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と言います。

息切れなどの症状が現れますが、これはタバコなどの有害なガスを吸い続けることで、酸素を吸って二酸化炭素を排出する「ガス交換」の効率が悪くなることで起きます。また、咳や痰なども頻繁に続くようになります。

《治療について》

実に8割以上の患者様が喫煙による発症が原因なので、喫煙の習慣があればまず禁煙から始めます。このほか、咳や息切れを軽減させられるよう気管支拡張薬も使用します。なお、病状が進行している場合は、呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法を行う必要もあります。
結核
結核菌を吸い込むなどして発症する肺の感染症を結核と言います。初期症状は風邪によく似ていますが、2週間以上にわたって、咳や痰、微熱が続くようであれば、結核が疑われます。なお、肺以外の臓器(腎臓、リンパ節、骨、脳など)でも結核菌に冒されることはありますが、日本では約8割のケースが肺で感染する結核(肺結核)です。

肺結核は結核菌が肺の内部で増殖し、結核特有の様々な炎症を起こします。病状が進行すると息苦しさ、血痰、喀血、胸痛などが出てくるほか、肺が破壊されていき、呼吸する力の低下をきたすようになります。なお結核菌は感染しても発症しないこともあります。 なお感染の有無を調べるには、ツベルクリン反応検査やインターフェロンガンマ遊離試験(IGRA)などにより診断できます。また、発病の検査ではX線撮影検査や喀痰検査が行われます。

《治療について》

結核と診断を受けたら治療となりますが主に抗結核薬を用います。服用については必ず医師の指示に従ってください。咳が止まったからと自分勝手に薬の飲み方を不規則にしたり、飲むのを止めてしまうと結核菌が「耐性」を持ち、薬の効かない菌(耐性結核菌)ができるおそれがあります。
肺がん
肺の気管や気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものが肺がんです。ただ一口に肺がんと言いましても「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」に分類され、非小細胞肺がんはさらに「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」「腺扁平上皮がん」などに分けられます。

発症の原因としては、喫煙、大気汚染、アスベスト暴露、高齢といったことが考えられますが、このうち喫煙と関連性が高い肺がんは、非小細胞肺がんの中の扁平上皮がんで、患者数は男性が圧倒的に多いです。なお一番多くの患者様が発症している肺がんは、肺の末梢に発生する腺がんで肺がん患者様全体の約60%を占めています。こちらは非喫煙者の女性も発症するがんになります。

初期症状がほぼ現れないのが肺がんの特徴で、ある程度進行した後に見つかることが多いです。肺がんは進行するにつれて周囲の組織を破壊しながら増殖し、やがて血液やリンパの流れに乗って転移していきます。転移しやすい臓器は、肺、脳、骨、肝臓、副腎などです。

なお肺がんでよく見られる症状は、他の呼吸器疾患の症状ともよく似ています。具体的には、長引く咳、血痰、胸痛、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューする)、息切れ、声がれ、発熱などです。

《検査・治療について》

肺がんが疑われる場合に行われる検査は、喀痰検査(喀痰を採取して、がん細胞の有無を調べる)、気管支カメラ(内視鏡を口や鼻から挿入して、気管支の様子を観察するほか、肺の組織を採取してがん細胞の有無を調べる)、経皮肺生検(レントゲンやCTで確認しながら、皮膚の上から細い針を病変へ突き刺して、細胞を採取する)などです。これらで診断をつけます。

診断の結果、肺がんであると判断された場合は病期診断を行います。これはがんの進行度(I~IV期、数字が大きいほど進行)を確認するもので、これにより病期に伴った治療を行うことになります。具体的には、手術療法や抗がん剤による治療、放射線療法などです。

詳細については

お電話でのご予約・お問い合わせ📞052-433-1199
※対応エリアや治療費についてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。